わいたジオウッドのご案内



わいたジオウッド商品をご紹介します

小国町は山間高冷地帯のため、九州でありながら、夏は涼しく、冬はマイナス10℃の厳しい寒さが訪れます。この寒暖の差が、木目の詰まった、比重の高い丈夫な小国杉をじっくり育ててくれます。また山の傾斜がなだらかで高低差が少ないため、木の性質が揃いやすく、使いやすい木材に仕上がります。ちなみに、小国杉は国立林業試験場において、国の木造設計基準数値45を大幅に上回る70という数値で、引っ張り強度に優れていることが確認されています。

 

この品質の高い小国杉をわいた地区にある地熱エネルギーを利用した乾燥施設でフローリング材や家具材は乾燥されています。

地熱蒸気をいったんタンク内に送りこみ、パイプを通して熱を使用しています。この地熱乾燥方法はクリーンエネルギーを利用した木材の乾燥方法として注目されています。乾燥室内の温度は 50程度と低く自然対流でじっくり乾燥を行いますので材料に負担がかかりません。そのため通常の化石燃料を使用した乾燥施設より長時間をかけて乾燥しています。この乾燥方法により従来の乾燥施設に必要な化石燃料を大幅に削減することができます。

 

小国町のフローリング材は、杉の無垢材です。自然の良さを最大限引き出し、利用する方々にその良さを体感して頂きたい想いを抱いています。以下のような特徴をより多くの方にご理解いただければと思います。

 

  無垢材本来の素晴らしい性質は無塗装あるいは自然系塗料などでしか発揮することができません。森林浴などでご存知の揮発成分のフィトンチッドは、木材が呼吸できる状態でしか効力を発揮できません。

  木材は無垢の素材ですので空気中の水分を吸収・放出を行うため、材料に動きが生じます。乾燥した室内であれば水分を放出し湿度が高い状態であれば吸収してくれるため適度に部屋の湿度調整を行ってくれます。材の動きを止めるために皮膜塗装をしてしまえば傷や汚れ、木材自体の動きを最小限に止めることができますが、木材自体の素晴らしい性質は失われてしまいます。 

  無垢材の表面に浮造り加工を施していますので適度な凹凸で足の裏を刺激してくれます。その肌触りは小国杉特有の油分の多さにより滑らかな仕上がりとなり類をみないほどの光沢を持っています。無塗装品や自然塗料で保護された木材は、住まう住人の代わりに傷つき汚れていきます。しかし、その傷や汚れは時間とともに味に変わり、風合いを持つ壁や床となります。

 

  フローリングの施工については、お客様が在住されている近隣の工務店さんの紹介も行っております。勿論、お客様自身で施工(DIY)されたり馴染みの工務店さんにご依頼されても結構です。

 

家具やインテリア製品も各種ご用意しています。

地熱乾燥フローリング材

フローリング材は、長さ2m、厚み1.5cm、幅13.5cmまたは16.5cmからお選び頂けます。施工範囲と部屋サイズによっても材料が異なりますので、お問い合わせページからお住まい情報をお知らせください。目安として、6畳用が6~7万円の価格(送料、税別)となりますが、別途頂いた情報を基に正確な見積をお送り致します。また、お住いの近くの工務店をご紹介できます。