わいたジオマルシェのご案内



わいたジオマルシェ商品を開発しました

わたしたちは料理を楽しむ世界中の人たち向けに、わいた地区の特色である地熱を活かした商品開発を行っています。地熱で乾燥させたトマト、椎茸、バジル、にんにくに新鮮にんにくを丸ごとエキストラバージンオリーブオイルと共に瓶詰めしました。創る料理を想定し3種類のシリーズを製作しています。まずは赤ラベル商品です。乾燥とまと、乾燥バジル、ごろっとにんにくをパスタ料理やアクアパッツア系で仕立てては如何でしょうか。次なる黄ラベル商品は、乾燥バジルとオリーブオイルで作ったバジルソースです。3番目の茶ラベル商品は、乾燥スライス椎茸、乾燥バジル、ごろっとにんにくを組み合わせました。アヒージョ系で仕立ててみてはどうでしょうか?これ以外でも沢山の料理のレパートリーが広がります。勿論、オリーブオイルは食材の風味がありますので、バルサミコ酢を加えてパンにつけて食べるとおいしいですよ。開発しました3種類の瓶詰商品は、肉、野菜、魚介のどれを食材にしても相性が良いです。是非、皆さまには想像力を膨らませていただき、料理を楽しんでいただきたいという想いを込めて、商品を開発しております。

また、瓶詰商品はおいしさだけでなく、見て楽しむ工夫もしています。たとえばトマトは輪切りとカットと分けて乾燥していますが、乾燥後の輪切りとまとの断面はオリーブオイルの薄金色によって、押し花のように一瓶一瓶がアートとなり、キッチンに立つのがさぞ楽しくなることでしょう。是非、皆さまのキッチンに常備してお楽しみください。各種ジオマルシェ商品を使った調理例を以下ご紹介します。

CSRとFair Tradeに取り組んでいきます

この度、地元小国町にあります悠愛という障がい児・者を支援するサポートセンターと連携して商品作りを行うことになりました。チームわいたで食材の調達と乾燥を行い、悠愛に通われる障がい児・者とサポートセンターに有償で瓶詰やラベル作業を委託します。悠愛は身障者・障害者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労及び生産活動の機会の提供、就労に必要な知識及び能力の向上のための訓練、企業実習への支援を行うために小国町社会福祉協議会が設立した施設です。

私たちは、今後とも再生可能エネルギーの有効利用を促進すると共に、地元の社会福祉への貢献を行って参ります。

体験調理教室を始めました

小国町は山の幸だけではなく、東には大分県別府湾、西には熊本県天草からの海の幸を楽しめることをご存知ですか。また小国町は九州のへそに位置していますので、九州各地から旬の食材が集まります。勿論、地元の食材は格別です。朝採りの枝豆、カボス、肉厚の原木椎茸、ジャージー牛乳、地元の猟師さんが提供してくれるイノシシや鹿肉といったジビエ食材、豊後牛や阿蘇赤牛等、食材の宝庫です。こうした食材を地熱で蒸す調理方法を織り交ぜ、オリジナル料理を体験してみませんか。

まずは、食材の収穫から始めます。

地熱を活用したグリーンハウスで新鮮なハーブを収穫します。メインコースの食材は別途スタッフが調達します。

次に、調理の開始です。

収穫したハーブは、メインコースのトッピングやソース作りに使いますので、洗ってカットしておきましょう。早速地熱釜で素材を蒸しましょう。めがねをかけている方は蒸気でくもるかもしれませんが、これもご愛嬌ですね。

さあ、次は盛り付けです。

フレンチシェフならではのプレゼンテーションに挑戦してください。

最後は、みんなで調理体験を思い出しながら楽しく食事をしてください。

料理によって、ワインがよいでしょうか、はたまた球磨焼酎、日本酒?

話は尽きません。おいしい料理はみんなを幸せにしてくれます。

私たちの調理教室は、収穫→調理→盛り付け→食事をすべて体験する教室です。是非、体験してください。