合同会社わいた会

Waita llc

現在、合同会社わいた会は岳の湯、はげの湯地区の30名(家族の戸主)で構成され、全員が役員となっています。会社定款に規定しています事業は、自然エネルギー有効活用事業及び付帯する業務です。現在はわいた発電所による発電業務と温水を活用したグリーンハウス栽培事業を行っていますが、今後は地熱を利用した商品販売事業、蒸し体験による調理教室事業、木材乾燥事業、雲海が見える露天風呂事業等にもビジネスを拡大する予定です。合同会社わいた会の生い立ち、文化行事、事業活動内容については以下の動画をご覧ください。

私たちの想い

わいた地区は、他の地方の村落と同様に過疎に見舞われ、何とか次世代のために雇用機会を創出しようと努力してきました。地熱資源に恵まれていることから、発電事業を成功したい一心で現在に至りました。今では、発電事業に加え、地熱と関連させた観光や農産品加工にもビジネス展開しつつあります。世間では、地熱発電事業は大企業がやることと思われており、実際過去にわいた地区で大企業が地熱発電事業に進出してきた事実もありますが、私たちは、地元住民が主役となる事業を求め、わいた会を設立しました。私たちは小さな組織ですが、こうした地熱というエネルギー資源を通じて国家に貢献する思いを持ち続けています。これからは、日本食文化を通じてインバウンドビジネスにも取り組んでいきます。


わいたの未来